【養鶏場が解説】賞味期限が切れた卵は いつまで食べられるか知ってますか?

スーパーで安売りをしていると、ついつい多めに買ってしまう卵。

買ったはいいけどなかなか使うタイミングがなく余してしまい、気づけば賞味期限が1週間過ぎている!自分だけならまだしも、子どもの口に入るとなると心配・・・。

 

今回はそんな悩みを解決すべく、賞味期限が切れた卵はいつまで食べられるのかを、季節ごとに分けて解説していきます!

卵の賞味期限ってそもそも何?

卵の賞味期限とは「生で食べられる期限」のことで、いずれも購入後に冷蔵庫(10度以下)で保存した場合の数字です。

表記してある賞味期限が過ぎてしまっても、加熱調理をすれば食べることができます。

賞味期限切れの卵はいつまで食べられる?

  • 春(4月〜6月)・・・25日以内
  • 夏(7月〜9月)・・・16日以内
  • 秋(10月〜11月)・・・25日以内
  • 冬(12月〜3月)・・・57日以内

日本では、卵を生食する食文化が多く見られる事や、食中毒の発生しやすい夏期のことも考慮し、賞味期限は短く表示されている傾向にあります。

その為、賞味期限が多少過ぎても食べて大丈夫な場合がほとんどだと言えるでしょう。

ただし、夏場に賞味期限を過ぎた卵は生食を避け加熱する方が良いでしょう。

 

また、日本卵業協会によると卵を食べられる期限には、保存される温度に大きく関係しているとのことが書かれています。

 

サルモネラ菌の増殖が起こらない期間は、たまごの保存温度によって決まります。英国のハンフリー博士の研究に基づいて算出されたものであり、その期間は、夏は短く、冬は長くなります。

賞味期限は、この算出された期間に、家庭における冷蔵保存(10℃以下)の7日間を加えたものです。

たまごの保存温度と生食できる日数(理論値)(日本卵業協会公式サイトより引用)

新鮮な卵の見分け方

①割って確認

新鮮なタマゴは卵黄が盛り上がり、内側の濃厚な卵白も盛り上がり、卵黄をしっかり包み込んでいます。

②割らずに確認

10%の食塩水の中にタマゴを入れ、そのまま沈んでいれば新鮮なタマゴだというのがわかります。

腐っている卵の特徴

  • 鼻にツンと来る匂いがする
  • アンモニア臭がする
  • 硫黄のようなきつい匂いがする
  • 殻を割ると、黄身がすぐに崩れてしまう
  • 白身と黄身が混ざっている
  • 水に入れると浮く

 

賞味期限が切れていなくても、上記の特徴に当てはまる場合は食べるのを控えましょう。

なるべく新鮮なうちに食べよう

卵は、生鮮食品の中では賞味期限が長く、少し過ぎても食べられることがわかりました。しかし、季節や保存状態によっては注意が必要です。出来る限り新鮮なうちに食べるようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください

購入に際しての疑問や相談、ご不安などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
メディア取材のご相談もお受けしております。

お問い合わせフォームはこちら